向ヶ丘遊園 登戸 整体

 

 

 

肩こりの解消と予防

 

腰の痛みと同じように悩んでいる症状は肩こりです。

 

腰の痛みと違うのが腰の痛みはお腹の筋肉を中心に筋力を強くすることである程度は予防・解消できるのに対し肩こりは一概に筋肉を強くしても

 

対処できないところもあります。

 

定期的に運動しているスポーツマンでも肩こりになるのはそのためです

 

コリという独特の症状が対応の難しさに現れています。

 

肩こりは肩周辺の筋肉の緊張のし過ぎ、つまり過緊張によって起きていると言われています

 

肩に限らず、筋肉の緊張が長時間続くと血管が圧迫され、その部分の血流量が減少して痛みや疲れを感じると思われます。

 

特に静脈の場合はそれがうっ血という形になって現れているからです。

 

うっ血すると血流が不足するために酸素不足が生じて、同時に乳酸などの疲労物質が蓄積し疲労感とともに時として痛みも感じるようになると言われています

 

肩周辺でまったく同様のことが起きてしまうと言われています

 

肩がだるい、重い、こわばる、時には痛みを感じたりするとどうしてもその部分を動かさなくなってしまいます

 

動かさなくなると当然のことから柔軟性が失われていくと共に血行もますます悪くなっていると言われています。

 

動かさなければ筋力は低下し、ますます疲れやすくなると言われています。

 

いわば肩こりサイクルがつくられ悪循環が続いてしまいます

 

肩周辺の筋肉に過緊張が生じる原因の一つは、姿勢にあると言われています。

 

人間の頭は4sほどの重さがあると言われています

 

例えばデスクワークなどで頭をわずかに前に倒した姿勢をとっただけでも首、肩、背中などの筋肉が4sの負荷を支え続けらければなりません

 

デスクワークが日常でなくても、猫背の人、なで肩の人が肩こりになりやすと言われています

 

また精神的ストレスも肩周辺の筋肉の過緊張につながりやすいと言われています

 

 

老化や古傷で失われる関節のあそび

 

膝関節のあそびが消える原因はいくつかあります。

 

しかし年齢を重ねると、関節周囲の組織は柔軟性を失って硬くなり筋肉を衰えてしまうと言われています

 

そのため、関節の可動域が狭くなり、結果として遊びもなくなってしまうと言われています

 

膝関節のあそびがなくなる原因はほかにもあると言われています

 

例えば運動不足があります。

 

筋肉が衰えると関節のあそびがなくなってしまうと思われます。

 

肥満も膝に無理な負担がかかり関節のあそびをなくしてしまう原因ともいえます

 

足首や股関節の古傷も原因の一つだと言われています。

 

幼いころに足首を捻挫したり股関節をい亜溜めたりした場合、自覚できないほどの非常に軽い後遺症が残ってしまいそれによって長い年月のうちに膝関節の遊びが失われていると言われています

 

 

関節のあそびが体を守る

 

人体の骨格模型を見ると関節にはなにもないように思えると思いますが、実際には人体や腱、関節包が骨同士をしっかりとつなぎとめていると言われています。

 

こうしたしくみは歩いたり走ったりするたびに関節がグラグラしたら困ります。

 

しかし関節にはもうこれ以上曲がらない状態になってもさらに1ミリ以下の範囲で動く余裕のあることが分かりました

 

具体的には牽引、圧縮、前後の滑り、左右横向きのすべり、左右の回線という8方向に微妙にずれると言われています。

 

これgふぁかんせつのあそびだと言われています。

 

関節のあそびはなぜあると思いますか?

 

車にたとえてみましょう

 

車には数万点の部品がつかわれていますが、これらのすべてががっちりと組み合わされているわけではないと言われています。

 

ところどころの接合部に柔らかい素材が使われ数ミリ単位で動く余裕が作られていると言われています

 

こうした余裕がないと、車がカーブを止まったりするたびに、その衝撃が車体に直に伝わると言われています。

 

そうすると、故障も起こりやすくなると言われています。

 

人間のこれと同じだと言われいます。

 

全身の関節に遊びを設けることで日常生活でうけるさまざまな衝撃から体を守りケガなどがおこるのを防いでいると言われています。

 

つまり、こうした重要な役割を担う関節のあそびが膝関節になくれば当然、膝痛を招くというわけです。